映画『クーリエ』は泣ける映画でした。

映画『クーリエ』のポスター 映画

実話をベースに製作された映画『クーリエ』を鑑賞してきました。
まさか泣くとは思いませんでした。国境をこえた二人の男の友情に号泣してしまいました。
おすすめの映画です。ベネディクト・カンバーバッチはかなり減量してこの作品に臨んでいます。
ファンの方はぜひご覧になってみて下さい。

あらすじ

60年代、米ソ間の核武装競争が加熱する中、イギリスのセールスマン、
グレヴィル・ウィン(カンバーバッチ)がCIAとMI6に依頼された仕事とは….

ソ連の高官ペンコフスキーはソ連の最高指導者フルシチョフが核のボタンを自由に押せる立場にいることは世界的地球規模で危険と感じソ連側の情報を西側に渡し核戦争を回避しようとしていた。
ペンコフスキーとコンタクトを取るようCIAとMI6に依頼されるウィンだが
一般人で平凡なセールスマンのウィンはスパイ活動は全くの素人、当然依頼を断る。
しかし、ベンコフスキーのある言葉に感銘を受け、ソ連側の機密情報を西側に運ぶ任務を
引き受ける。二人は何度も会い、お互いの家族と交流まで持つ程の仲へと親交を深めて行く。

そしてソ連がキューバに核ミサイルの基地を作ったことがアメリカ側が突き止め、
情報漏洩にソ連が気付き始める。そしてついに,,,,,

レビュー

スパイ映画と言って思い浮かぶのは『ミッション・インポッシブル』や『007』ですが
この映画は派手なアクションシーンがあるわけではなく、プロのスパイではなく、素人のセールスマンが任務を遂行するところに人間性のある話(実話ですが)となっているんですね。

ベンコフスキーの「我々みたいな人間が世の中を変えるのかもしれないですね」と言った言葉がウィンの胸を打ち、任務を引き受ける決断をさせたと思います。
もしプロのスパイがこの任務を行なっていたら、クールで機械的に淡々と遂行され、
ベンコフスキーの亡命を叶えるために危険を承知で再度ソ連に渡ったりはしないでしょう。
二人の間に任務をこえた友情が生まれ、ウィンはベンコフスキーを信じ、ベンコフスキーもまたウィンを信頼していたんでしょうね。

終盤、ウィンはソ連に逮捕され、何年も拘束されるのですが、カンバーバッチは髪を丸坊主にし、
体重も相当落として、精神的にも追い詰められた役を見事に演じきっていました。
彼のプロ意識を強く感じた映画でした。


ラスト、自宅に戻ったウィンの脳裏にベンコフスキーとの思い出が蘇るシーンでは涙が止まりませんでした。
勇気ある二人の行動で今の平和な世界があると思うと感慨深い映画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました